メンズファッション大学生

 

こんにちは!SPU運営サポートの、かまたです。

 

桜吹雪が舞い散る中、入学式を迎えた方も多いのではないでしょうか?
そして新学期のスタートは雨(泣) そして季節外れに寒い朝でした(号泣)
だけどすぐにゴールデンウィークがやってきますよ!
学生のみなさん、新社会人のみなさん、がんばりましょう!!

 

さて早速、本日のテーマですが前回に引き続き、SPUおすすめメンズファッションの中から、またまた大学生に着てほしい人気ブランドの商品【パート2】をご紹介していきたいと思います。

洋服どこで買う?大学生に着てほしいメンズ・ブランドご紹介します!【1/10】

 

ということで今回は、Audience(オーディンス)

スプの中でも、大人気のメンズファッションブランドです。

(次回はJohnbull(ジョンブル)と書いていましたが、m(_ _)mごめんなさい。)

 

それでは、人気メンズブランドAudience(オーディンス)とアイテムを使ったコーディネートも、厳選してみましたのでお楽しみにご覧くださいね~

 

大学生 春コーデ

 

4月でも肌寒い日には、まだまだ欲しくなるのがライトアウターと呼ばれる羽織もの
今年は、人気ブランドのアイテムをチョイスして、キャンパスで友達に差をつけよう!

大学生活に少しなれた頃におすすめスポーツミックスコーデ↓

大学生 ブランド コーデ

ヴィンテージ感のある風合いがオシャレなパーカーは、ハーフジップが特徴のプルオーバーのデザインで、袖丈は爽やかに見える9分丈だから、バングルなどのアクセサリーや腕時計の小物使いも嫌味なく楽しめます。

生成り(クリーム色)は、ホワイトより優しいカラーだから、ふんわりとした柔らかい印象の春コーデにピッタリですね。

 

 

大学生 夏コーデ

 

そして5月、待ちに待った!? ゴールデンウィークがやってきます。
今年のGW、長い人でなんと10連休!
それが終われば、すぐに夏休み!!

ちょっとやんちゃに、高校生の頃を思い出して遊びたくなる時期かも。

 

GW頃は暑くなると予想して・・・
デニムを使ったひと足お先の夏服コーデ↓

大学生 ブランド 夏服コーデ

裾をロールアップさせたスタイルのコーディネートは、ホワイトのスニーカーと合わせると爽やかですね。

ストレッチ素材で履きやすいデニムアンクルパンツは、 ストレッチ性を持たせているので、アクティブなシーンでも使いやすくて、きつく感じるストレスなく暑い夏に快適な着心地!

また履き込んだ雰囲気を出すUSED加工と、カットソーシャツから少し見える、タンクトップのチラ見せも、マンネリコーデになりがちな夏服コーデを、おしゃれに魅せてくれる大事なポイントです。

 

 

まとめ

 

大学生の皆さん、今回のブランドAudience(オーディンス)は、いかがでしたか?

メンズブランドAudience(オーディンス)は、大人カジュアルを目指す人の心強いブランドです。

 

ただ価格帯としては、こちらもお手頃とは言えませんが、オーディエンスのブランドコンセプトでもある↓

国産・素材選別・生産背景選定・生産管理にこだわり、ベーシックなアイテムの細かなディティールやシルエットを大切にし、「 着た人が楽しくなる 」提案をし続けるブランド「Audience(オーディンス)」。素材の持つ雰囲気、時代の流れに合ったサイズ感、着合わせの汎用性を大切にし最適なバランスを探求しています。

 

さらにオーディエンスのブランドには、世界に誇る日本の技術を再認識するために生まれた Audience(アップスケープオーディエンス)、日本製アイテムの中でも東京のモノづくりにフューチャーしたライン「MADE IN TOKYO for Upscape Audience」なるブランドもありますので、こちらもお時間のある時にご覧くださいね。

Audience(オーディンス)も前回のSLICK(スリック)同様、値段に見合ったとても価値あるブランドですので、大学生のみなさんにぜひチャレンジしてほしい最強のブランドだと思います。

 

次回その3では、いよいよメンズファッションSPUイチオシの、絶大なる人気ブランド

○○をご紹介しますね!

無くてはならないブランドです!!(笑)

 

 

さて、我が家の三人の子供達も、おかげさまで小学生、中学生、高校生に無事進級しました祝!
3人ともなぜか入学のお祝いに、お財布が欲しいそうです。
お小遣いアップを狙っているのでしょうか(笑)

幼稚園に通う娘のお弁当作りも、平成の終わりとともに終了してホッと一息。。。
もつかの間、今度は長男へのお弁当つくりが令和とともに始まりました。
ここまでで9年、私のお弁当にかける人生はあと何年続くのでしょうか?

お弁当

 

 

それではまた次回をお楽しみに!