ストライプ

トライプ


ストライプとは?

縞模様(しまもよう)のこと。
一般的には縦の縞模様のことをストライプ、横の縞模様のことをボーダーと呼ぶが、厳密にはたてよこ関係なく、縞模様はすべてストライプ
ボーダーは本来は縁(ふち)とか、境目という意味なので、横の縞模様という意味はない。

 

ストライプ
これもストライプ

 

ただ、横のストライプをボーダーと呼ぶ習慣がついているので、縦のしまが入ったものは、ストライプシャツ、ストライプパンツと呼び、横のしまが入ったものは、ボーダーシャツ、ボーダーカットソーと呼ぶのがふつう。

逆に横の縞模様をストライプシャツと呼ぶと通じないので要注意。
正しいことがいつも正しいとは限らない。

 

ストライプ模様のメリットは、体型がスマートにみえること。

縦のラインは上から下に目線が動くので縦長な印象、つまりスタイルよく見える。

逆にボーダーは右から左(左から右でもいいが)と横の動きなので膨張して見える。

 

 



スタイルよくみえるストライプシャツ

 

 



ふっくら体型にみえる?ボーダーカットソー

 

 

ん? あんまり変わんない?
モデルさんのスタイルがいいのでそうみえるかもしれない。

横に膨張しているということは、痩せ型の細い人が着るとバランスが取れてとてもよく似合う。
逆に恰幅の良い太っちょのメンズはボーダーは避けてストライプにしたほうがよい。

自分の体型に合わせてそれぞれの縞模様のメリットを活かしてみよう。

 

 



スタイルよくみせるメンズ ストライプシャツ