【白シャツ】SPU スプ的メンズファッション用語集

シャツ


白シャツとは?

メンズファッションのトップスジャンルにおいて、不動の人気を誇るメンズ服。
ビジネスシーンではスーツのインナーとして白シャツは基本中の基本だが、メンズカジュアル服においても基本かつ定番といえるアイテム。

SPU スプにおいてもシャツを生産、または仕入れる際に白がないということはまずない。
記憶をさかのぼっても、ない。
白の真反対の色、黒も定番になりそうだが、白ほどの人気はない。
黒シャツがふだん仕事の中で見慣れないからであろう。
ただし、夜のお仕事は別。白よりも黒など濃いめの色のほうが映える場合もある。

 

同じ白シャツでも素材や織り、襟の形などによって雰囲気が変わる。
ただ、カジュアルっぽいコーデであればオックスフォードの白シャツ、きれいめでパリッとしたコーデであればブロードの白シャツ、と覚えておくと良いかも。

 

ボタンダウン 先染め オックスフォード ストレッチ シャツ
オックスフォード織りの白シャツ

 

 

綿100% ブロード ボタンダウン / バンドカラー 長袖 シャツ
ブロード素材の白シャツ

 

上記2つの写真では分かりづらいが、ブロードの方はスーツ、もしくは学生服を着るときにインナーとして着用する白シャツをイメージしてもらえるとわかりやすいかも。
手触りがツルッとした素材である。
逆にオックスフォードの方はザラッとした素材になっており、こういった織り方だけでもフォーマルになるかカジュアルになるかの違いが出るので面白い。

カジュアル感を出すならオックスフォードのほうがおすすめなので、SPU スプでもオックスフォード白シャツの取り扱いが多いはず(数えたことはない)。

ジャケットのインナーとしてはもちろん、季節を問わず着よう出来るので、春ならジャケット、ブルゾンの下煮、夏はTシャツの上から羽織る、秋冬はニットの」インナーとして使えば襟、カラーの白が秋冬コーデの良いアクセントとなる。
このようにスタイリングの幅が広く、デニムパンツやニット、Tシャツなど合わせるアイテムも選ばないのが人気の秘密。

SPU スプではきれいめスタイルを提案しているので、シルエットは細身から普通サイズの白シャツが多い。
ブランドによっては今流行のオーバーサイズの白シャツを出しているところもある。

 

メンズのカジュアルシャツの王様とも言える白シャツ、オックスフォードやブロードなど織り方や素材違いで数枚もっておくのがオシャレさん。
素材の違いで着こなしの幅を広げるのがもっとオシャレさん。
いざとなれば緊急のときにスーツの下に着ていける頼もしいアイテムでもある。