フーディー

ーディー


フーディーとは?

パーカーのこと。

海外ではパーカーのことをフーディーと呼ぶ。
海外では、というか向こうの呼び方が正式で、パーカーはおそらく和製英語。

フーディーが日本で言うところのパーカー。
パーカーが日本で言うところのフード付きジャケット、モッズパーカーとか。

そうえいば、海外通販でparka(パーカー)を探していても、スウェットのいわゆるパーカーが出てこないで、フード付きジャケットやフード付きアウターばっかり出てくるのはそんな理由からか。

hoodie(フーディー)で検索したら、わらわらとパーカーが出てくる。

また、hoodieはhood(フード)からきている単語。

アパレル業界人同士や、ファッション業界、アパレル業界内では、フーディーで通じることもあるかもしれないが、一般の方にはおそらく通じない。
ふつうにフーディーと言っても、foodのfoodieと間違われ、食べ物を映えさせてくれるアプリの方で通じてしまい、その後、話が噛み合わなくなる可能性大。

また、昔は「かぶりのパーカー」と言っていた、ジップなしのパーカーを、「プルオーバー」と呼ぶことが多くなったので、「プルオーバーフーディー」とかぶりのパーカーはイコールの意味になる。



こういのが「プルオーバーフーディー」

 

今後、チョッキ→ベスト→ジレのように、または、ジーパン→ジーンズ→デニム、と変化してきたように、メンズのパーカーの呼び名がフーディーに変化するかもしれないので、今のうちから(自分の中で)使っておくことをおすすめする。