メンズ N-2Bアウター

いつもありがとうございます!メンズファッション通販、SPU スプ店長のふじいです。

寒くなってきましたね。
なので、アウターのコーデでもご紹介しようかと思います(強引)。

でも、言ってもコーデ、スタイリングの特集は、SPU スプが誇る名物コンテンツですからね。
実際、トップページの次にアクセス数が多いくらいです。
ほんと、みなさまいつもご覧いただきありがとうございます。

スタイリング コーディネートページ メンズファッション通販サイト、SPU スプ a.k.a SPUTNICKS スプートニクス

 

この中から、今着たい、これからも着たい、そして年明けも着たい、そんな寒さに耐えていける心強い相棒、冬の防寒アウターのコーデをピックアップしてみます。

 

メンズ 防寒アウター ダッフルコート

 



シックに大人っぽくまとめた、メンズダッフルコート

 

のっけからダッフルコートです。
正直2019年の冬はダウンジャケットやアウトドア系のマウンテニアジャケットが流行していんで、ダッフルコートは盲点だった、という方が多いんじゃないでしょうか。

ダッフルコートが流行した年もありましたが、今ではすっかりメンズの定番アウターとして定着しています。

デザイン的に前たての装飾(大きめのフック)が目立って、高校生や大学生が着ているというイメージから、どことなく子どもっぽい印象があるかもしれません。

が、ところがどっこい、上のコーデはどうですか? 子供っぽいというよりは相当大人っぽいですよね? これは全身の色合いを統一したからです。
しかも濃いめの色で。

ダッフルコートとコーデするメンズ服として、ズボンにチノパンやジーパンを穿いちゃうと、いかにも学生さん、なスタイリングになっちゃいます。

ここはダッフルコートと同系色のスキニーパンツを持ってきて、靴はスニーカーではなく革靴。
これで30代でも40代でも着れちゃう大人コーデのできあがりです。

そして首元にはマフラー。
ダッフルコートとかピーコートとかのメルトン素材のアウターには、首元に入れ込む巻き方のマフラーが合わせやすいです。
ダウンジャケットだとマフラーを入れ込むのは難しいですからね。
モコモコしてるし、ダウンジャケットでそこまで防寒すると、たぶん、暑いです。

なので、メルトン素材のアウター、ダッフルコートならではのスタイリングです。

 

 

 

メンズ 防寒アウター N-2Bミリタリージャケット

 



こちらはカジュアルテイスト、メンズ N-2Bミリタリージャケット

 

そしてお次は最初のダッフルコートとは打って変わってカジュアルテイストなアウターコーデ。
アウターはN-2Bです。

N-2Bとかミリタリー用語なので、「丈の短いアーミーな服」と覚えておいてもらえれば大丈夫です。
N-2とかN-2Aとか初期型とかなんやかんやありますが、そのへんはマニアに任せておいてOKです。
着こなし、コーデには1%しか関係ないので。

こちらのスタイリングは「ファー付きのジャケット」を使っている、というのがポイントです。
割りと目立つフードのファーが付いているので、最初のダッフルコートのように前身ブラック系のダークトーンで統一してしまうと、ファーだけものすごい目立ってしまいます。
歩く場所を間違えると夜のお仕事をされいている方々と間違われるかもしれません。

N-2Bの色にもよりますが、ブラックのアウターなので、ボトムスには明るめの色を持ってきて、ファーの色を中和するようにしたいですね。

ズボンに色あせたデニムパンツを持ってきても、N-2Bジャケット自体が男らしいハードな印象のアウターなので、子供っぽい感じはあまりしません。
ミリタリージャケットにデニムパンツ、アメカジスタイルの王道ですが、SPU スプらしくシルエットやデザインをキレイめに仕上げてますので、ドがつくほどのアメカジにはなりません。
ご安心を。

 

 

メンズ 防寒アウター マウンテニアジャケット

 



小物を白で統一コーデ、メンズ マウンテニアジャケット

 

最後は2019年の本命、マウンテニアジャケットです。

このスタイリング画像からは微塵も感じられませんが、マウンテニアジャケットとは山っぽい名前からお分かりかもしれませんんが、本来アウトドア、ハイキングなどで着るジャケットなんです。

 

 

【マウンテニア】SPU スプ的メンズファッション用語集 | メンズファッション SPU JOURNAL

 

 

それだけこのスタイリングがキレイめでよくできているということでしょう(自画自賛)。

このマウンテニアジャケットのコーデもインナー、パンツと黒でまとめて統一感をもたせてますが、ニットキャップとスニーカーの白で上と下でいいアクセントが効いてます。

頭→トップス→ボトムス→靴が、
白→黒→黒→白、
と黒を白で挟んだ配色、つまりオセロですね。

こんな白と黒のメリハリがの効いたオセロコーデが割と目立つので、本来一番メインであるはずのアウターがあまり目立ちません。
でも、それでいいんです。

それだけアウトドアっぽい野暮ったさが消えているということ、上手くキレイめにまとめられているということですから(再度自画自賛)。

 

わたし個人としては、白のスニーカーがよく効いていると思います。
ここにトレッキングシューズを合わせたらふつうのコーデ、ハイキングコーデになりかねません(わたしはよくやるスタイルです、すいません)。

白のスニーカーはやっぱり万能ですね。

 



どんなスタイルでも使える、メンズ ホワイトスニーカー

 

 

メンズ 防寒アウター まとめ

 

以上、2019年冬のキレイめメンズアウターコーデのご紹介でした。

当然、この3つだけが正解! というわけじゃないですが、SPU スプが提案するキレイめスタイルです。
休日に着る私服のアウターとして老若男女ウケのよい、そして恥ずかしくないスタイルであると自負しております。

そんな自負をもっと味わっていただくために、ぜひ毎日のようにメンズ コーディネートページをチェックしてみてください。
なぜならほぼ毎日更新しているから、です。

メンズ スタイリング コーデが盛りだくさん、な特集

ではまた!

 

今日の応援メッセージ

 



ツヤ感のあるメンズ ボタンダウンシャツ

 

主人が、最近になってシャツをよく着るようになったので購入しました。息子に購入した際に生地が気に入りましたので今回も大丈夫でした。

購入者さん

 

お子さんにもご主人にもお買い上げいただき嬉しいです! 襟付きのシャツを着るだけでもキチンとしている感が出ますよね。

ありがとうございました!