30代でも40代が着ても変じゃないメンズの春コーデ!

いつもありがとうございます!店長のふじいです。

男も30歳、40歳にもなると人生のステージが変わり、やれ結婚だ、やれ転職だ、やれ子育てだ、などなど「お前はどこまでやれんだ?」と神様が試練を与えてくださいます。
失礼、試練じゃないですね、愉しみですね。

そうやって愉しみが増えていくなかどんどん減っていくのが服装ですね。
「お父さんなんてユニクロでいい」
なんて言われたり、または自分でも思ってませんか?

というかユニクロさんはバカにできませんよ。
質も良くてけっこうなお値段しますし、SPU スプの方が安いくらいです。

じゃ、30代、40代のメンズが着たくなる春服って何? となるわけですが、その答えがこちら。

ミリタリージャケット
30代、40代のお父さんにも着てほしいミリタリージャケット

ミリタリージャケットです。
「軍モノ」なんて言い方もしますが、このくらいのシルエットとデザインであれば、彼女、もしくは奥様から、
「え、なに? 戦争に行くの?」
なんて言われることもありません。

私個人的にはミリタリーモノが大好きなので、いかにもな迷彩柄を着たりもしますが、そんなときに必ず上記のセリフを言われます。
ま、たしかに一歩間違えればコスプレになりそうですね。
もう言われなれましたが。

それでもカーキが「ミリタリーっぽくてやだ」とおっしゃるならばブラックはいかがでしょうか。

ブラックのミリタリージャケット
引き締まった印象の黒のミリタリージャケット

若干春っぽさがなくなってしまいますが、インナーが白なので季節感が出ていていいですね。
このブラックのミリタリージャケットであれば「では前線へいってまいります」なんて返しをしなくてもよくなるわけです。

メンズファッションなんてルーツをたどればほとんどのアイテムがミリタリーにいきつくわけなので、30代だろうが40代だろうが、そして20代だろうが男なら似合わないわけないんですよね。
このあたりのお話は長くなりそうなので別のネタで書きたいと思います。

ま、バランスですね。
ミリタリージャケット着てミリタリーパンツはいちゃうと「いってまいります」になっちゃいますが、デニムパンツや黒スキニーパンツをはけばあっという間にオシャレ春コーデの完成です。

全国のお父さんにお父さんでないみなさまも、このミリタリージャケットでみんなを見返してやりましょう!

ではまた!