【YouTube】これぞファッションの基本!!「Iラインシルエット」を徹底解説!!

 

ヒロ

みなさんこんにちは!

 

SPUチャンネルです!

 

本日はコーディネートを組む上で重要となる全体のシルエットについてお話ししたいと思います。

ユウゴ

よろしくお願いします!

ヒロ

まず初めに、「全体のシルエット」とはどういったものなのか簡単に説明していこうと思います!

 

「全体のシルエット」とは、コーディネートを組んだ際のつま先から頭ままでの外輪の形のことを指します。

 

 

この全体のシルエットのバランスが整っているほど、バランスの取れたコーディネートを組むことができるとされています。

ユウゴ

「全体のシルエット」や「シルエットのバランス」って言葉はよく耳にしますけど、具体的にどんな形のシルエットに整えればいいんですか?

ヒロ

確かに気になるところですよね。

 

難しく思われがちなシルエットのバランスですが、実は基本とされる全体のシルエットのバランスは大きく3つです。

 

そして、その3つのシルエットが「Iラインシルエット」「Yラインシルエット」「Aラインシルエット」です。

ユウゴ

確かに3つくらいだと簡単に覚えれそうですね!

ヒロ

そうですね!

 

この3つのシルエットさえマスターすれば明日からのコーディネートがガラッと変わってきますので、ばっちり覚えていただければと思います。

 

ということで本日は、タイトルにありました通り、その3つ基本的なシルエットの中からIラインシルエットにフォーカスしてお話ししていきたいと思います。

ヒロ

「Iラインシルエット」とは、その名のごとく全体のシルエットがアルファベットの「I」に似ていることからその名がつけられたシルエットです。

 

特徴としては、上半身と下半身の両方が「細身」であることが上げられますね。

 

 

ちなみに、Iラインシエルエットのバランスをコーディネートに取り入れると、こんなコーディネートを組むことができます。

 

ユウゴ

上半身、下半身とも細身だけあって、すっきりした印象のコーディネートが多いですね!

ヒロ

そうなんです!

 

基本となる3つのシルエットの中でも、特にこのIラインシルエットはスッキリとしたキレイめな印象を与えることのできるシルエットなんです。

 

その証拠にキレイめな要素が求められるスーツスタイルなんかは、ほとんどがIラインシルエットですよね。

 

ユウゴ

言われてみれば確かにそうですね。

 

スーツスタイルで、だぼだぼしたシャツを着たり、ワイドパンツを穿くことはあまり想像できないですもんね。

 

ちなみに、Iラインシルエットのバランスでコーディネートを組む際の注意点とか、ポイントってあったりしますか?

ヒロ

まずポイントとしてはやはり細身を意識することですね。

 

着用するアイテムが程よく体にフィットするものを選ぶことで「細身」のシルエットを作りやすくなると思います。

 

もちろんタイツのようにフィットしすぎているものは違和感を生んでしまうのでNGですが(笑)

ヒロ

あと、注意点としてはクッションを作らないということがあげられます。

 

「クッション」とは、パンツの裾などの丈が合っておらず、クシュクシュと生地が余っている部分のことをさします。

 

 

下の画像のように裾部分がたゆんでいるだけでシルエットのバランスが崩れ、だらしない印象を与えてしまうので気を付けていただければと思います。

 

 

ユウゴ

確かにクッションがあるだけで、せっかくのスマートな印象がだらしなくなってますね!

ヒロ

そうですね。

 

もし手持ちのパンツや今後買われるパンツの裾があっていない場合は、裾直しを検討されてみてもいいかもしれませんね。

 

ではでは、こんな感じで「Iラインシルエット」の説明は以上とさせていただこうかなと思います。

 

みなさんもぜひ、上半身細め、下半身細めなキレイめ「Iラインシルエット」に挑戦してみてくださいね!

 
今回の内容はYouTubeで動画として配信していますので、気になった方は是非そちらもチェックしてみてください!
 
動画はコチラから >
 
以上、SPUチャンネルでした!

 

 この記事のライター

いわした

ユウゴ(編集長/クリエイター)

みなさん初めまして!入社して3年目。最近では「あ、お前いたんだ」と言われるまでに会社に溶け込んできている「ユウゴ」です!ファッションについてまだまだ勉強中の身ですが、「知っておけばちょっとタメになること」をテーマに動画や記事をどんどん発信していきたいと思います!