疲れるパンツ選びをグッと短縮!押さえておくべき「3つのシルエット」。

みなさんこんにちは!
SPUメンズスタッフのユウゴです。

おかげさまで僕も入社して1年と半年が過ぎようとしています。

最近では先輩からいただくひどい言葉 愛のある言葉にも慣れ、楽しいワークライフを送っています!

そんな僕もアパレル定員のはしくれとして、市場調査を行うためよくユニクロなどで服を購入しています。(あくまで市場調査です)

 

image7

 

そんなある日の話し、パンツの市場調査を行うためユニクロ向かったのですが、パンツコーナーに到着した僕はパニックを起こしました。

「パンツの種類ありすぎやろ…」

 

image3

 

見渡してみれば端から端まですべてがパンツで埋め尽くされていました。

天下のユニクロともなると、パンツの種類があまりにも多く、いったいどのパンツが自分の求めているパンツなのか分からなくなってしまったのです。

気を取り直して手あたり次第に試着を繰り返したものの、結局体力が尽き何も買わず店をあとにしました。

アパレル店員の僕ですらこうなってしまうのですから、日頃接点がない方々はもっと苦労されているのではないでしょうか。

そんな出来事から「これではアパレル店員としてダメだ!」と感じた僕は、一念発起しパンツの選び方について猛勉強しました。

そしてその猛勉強のなかで、数ある種類でも「3つシルエット」さえ押さえておけばパンツ選びがグッっと楽になるということに気づいたんです!

それからというもの、どんなにパンツの種類が豊富なお店でも、陳列棚の前で頭を抱えることもなく、すんなり自分が求めているパンツを選ぶことができたり、圧倒的に試着の回数を減らすことができるようになりました!

そこで今回は、そのパンツ選びがグッっと楽になる「3つシルエット」についてご説明したいと思います!

 

 

 

 絶対に押さえておくべき3つの基本シルエット。

パンツ選びの基本となるシルエット。

それは「ストレート」「テーパード」「シューカット」の3つのシルエットです。

 

image2
(左:ストレートシルエット)(中央:テーパードシルエット)(右:シューカットシルエット)

 

みなさんは試着などでパンツを穿いたとき「太ももまでは理想的なのに裾が気に入らない」なんて経験ありませんか?

ダボついて見えたり、細すぎて見えたりするのは、実は自分が求めているシルエットを的確に選べていないことが原因だったりします。

なので、この「3つのシルエット」の基本を知り、自分の求めているシルエットを的確に選ぶことこそが、理想のパンツをすんなり選び、無駄な試着を繰り返さないための最短の近道になるんです!

「シルエットを知る」ことの重要性も少しお分かりいただけたかと思いますので、早速それぞれのシルエットが一体どのようなものなのかご説明していきたいと思います。

 

 

■ THE王道。長年愛される最もスタンダードな「ストレート」シルエット。

image6
■日本製ストレッチチノパン(ストレートシルエット)

「ストレートシルエット」とはその名の通り、膝から下が広まることも狭まることもない直線的なシルエットのことです。

多くの方は、この「ストレート」という言葉が商品名に入ったパンツを見かけたことがあるのではないでしょうか。

流行り廃りに左右れにくく万人受けする最も無難なシルエットで、定員さんに一番無難なものをと聞くと高確率で、このシルエットを進められると思います。

ダボついた感じもなく程よくスタイリッシュさもあるので、細身のパンツに少し抵抗がある方には、この「ストレートシルエット」がおすすめです!

ストレートシルエットのパンツを選ばれる方は、パンツの丈感が重要となるので、足首にたるみが出すぎないように注意してください!

 

 

■人気上昇中。上品に見せたいあなたにおすすめな「テーパード」シルエット。

image4
■日本製ストレッチチノパン (テーパードシルエット)

「テーパードシルエット」の「テーパード」は「次第に細くなっていく」と言う意味で、裾にかけて次第に細くなっていくスマートなシルエットのことです。

現在は細身のパンツが人気を集めており、その中でも細身で「テーパードシルエット」のパンツがトレンドとなっています。

以前までは「ストレートシルエット」が主流でしたが、現在はこの「テーパードシルエット」が主流となりつつある注目のシルエットで、こちらのシルエットもストレートシルエットと同様、見かけることが多いかと思います!

もし、細身のパンツがほしいと思った方は「ストレートシルエット」ではなく、一歩踏み出して「テーパードシルエット」を選んでみてください!

 

 

■ 脚長効果が期待できる「シューカット」シルエット。

image5
■日本製ストレッチシューカットチノパン(シューカットシルエット)

「シューカットシルエット」とは、裾にかけてシューズやブーツが収まる程度に広がっているのが特徴のシルエットです。

見た目的には、「ストレートシルエット」のように見える「シューカットシルエット」は末広がりなので視覚的に脚長効果が期待できます。

今ではすっかり廃れてしまった「ブーツカット」を現代のトレンドに落とし込んだようなシルエットで、コアなファンが多いのも特徴です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

「3つのシルエット」についてなんとなくお分かりいただけたでしょうか?

今回ご紹介したこのシルエットさえ押さえておけば、今後のパンツ選びがグッと楽になるはずです。

ぜひパンツを買われる際は、今回の記事を少し思い出していただいて、理想のパンツを手に入れてくださいね!

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

ユウゴでした!

 

 この記事のライター

いわした

ユウゴ(デザイナー/ライター)

みなさん初めまして!入社して2年目。最近では「あ、お前いたんだ」と言われるまでに会社に溶け込んできている新人代表「ユウゴ」です!ファッションについてまだまだ勉強中の身ですが、「知っておけばちょっとタメになること」をテーマにどんどん情報を発信していきたいと思います!