メンズファッションの流行りを程よく取り入れましょう

いつもありがとうございます!店長のふじいです。

メンズファッションの流行りは移ろいゆくものです。
昭和から平成、平成から令和のように。
でも実は以前ほど流行がなくなってきていると言われています。
レディースの方が流行に敏感ですが、メンズでもそれなりにありました。
キムタクがドラマで着たダウンが大流行してメンズ全員ブラウンのダウンジャケットを着る、またはDior Hommeが極端に細いスタイルを提案したら、これまた全員ピタピタの全身コーデをする、といったような流行です。
あの故カール・ラガーフェルドもディオールオムの服が着たくてダイエットしたという逸話も残っていますからね。
わたし含めメンズのファッションフリークたちは黒スキニーデニムにタイトなライダースジャケット、ロックミュージシャンのようなコーディネートにあこがれていました。

 

時は流れて平成最後の春、そして令和元年となる2019年の春、メンズのファッションシーンはストリート全盛で、ビッグシルエット、オーバーサイズのルーズな着こなしが流行中です。
もともと細身のキレイめスタイルを提案しておりますSPU スプも今年は若干ゆったりめのトレンドアイテムをご提案しております。

 

カットソー
人気ブランド、Audience オーディエンスのワイドシルエット半袖カットソー


こんなアイテムですね。
あまり極端に大きいときれいめスタイルとのバランスがおかしくなりますので、このくらいのシルエットがちょうといいです。
ほどよくトレンドを取り入れつつきれいめな雰囲気も残す、絶妙なバランスのデザインです。

 

パンツは逆にワイドではなくスリムが合わせやすいかもしれません。
もちろんワイドシルエットパンツでも良いですが、スキニー、もしくはテーパードシルエットがきれいめスタイルには取り入れやすいですよ。

 

 

デニムパンツ
なかなかピタピタにきまるスキニーデニムパンツ

ワンウォッシュののっぺりした見た目のジーンズではなく、サイドにライン柄の入ったデザイン性の高いパンツ、そしてダメージ加工の入ったデニムが今年っぽいです。

トップスのシャツやカットソーがルーズシルエットでもカラーを白や黒などモノトーンな色とコーデすると清潔感のある大人のスタイルに仕上がります。

 

レディースほどではいにしてもメンズカジュアルでも流行はあります。
昔ほどではないにしても今後も流行り廃りは亡くならないでは? でないと面白くないですもんね。
流行のアイテムをがんがん取り入れるもよし、程よく着こなすもよし、まったく取り入れずわが道を行くもよし。
SPU スプはそんなみなさまに気に入っていただけるきれいめスタイルをこれからもご提案させていただきます。
令和に流行るファッションと服を予測しつつ、すでに2019年秋冬の仕込みをしております。

ではまた!