Johnbull(ジョンブル)

いつもありがとうございます!メンズファッション通販、SPU スプ店長のふじいです。

 

今日は「新生」Johnbull(ジョンブル)の話題です。

 

東洋経済オンラインにJohnbull(ジョンブル)の記事が掲載

 

 

創業67年「岡山デニム」の生き残りをかけた決断 | 専門店・ブランド・消費財

 

東洋経済オンラインの経済ニュースの記事です。
基本、「アパレルの状況は厳しい」という論調で書かれてますが、メンズファッション系、しかもSPU スプが取り扱っているブランドさんが取り上げられることは珍しいので嬉しさもあります。

昔、その昔、退任された北川社長にインタビューさせてもらったことがあるんですよ。
Johnbull(ジョンブル)の成り立ちとかどんなブランドを作りたいとか、どんな会社にしたいとか。
企業の社長さんに長時間、お話をお伺いできる機会なんてあんまりないですから、とても楽しかったです。

その節は大変お世話になりました。

 

十数年前のJohnbull(ジョンブル) オリジナルインタビュー記事

 

そんなインタビュー記事ですが、どっかに公開してたなと思い、ごそごそ探してみましたら、ありました。

 

JOHNBULLジョンブル社長インタビュー:SPUTNICKS INTERVIEW FILES.01 [ ページ1 ] | メンズファッション通販 スプートニクス

 

無事に保存されておりました。
が、画像は全滅です。

読めないことはないので、興味ある方はぜひ読んでみてくださいまし。

昔は足袋を作ってて、そのあと学生服作って、そのあとカジュアルウエアを作り始めて、って時代に合わせてどんどん適応していくブランドです。

あんまり見ていても、引っ越しのときに昔の写真が出てきて懐かしーとか言いながらぜんぜん作業がはかどらない状態、に陥ってしまうのでこのへんで我に返ります。

 

 

これからのJohnbull(ジョンブル)の進化が楽しみです

 

東洋経済オンラインの記事だと、「投資ファンドの傘下に入った」と書かれてて、なんだかネガティブな印象を与えかねないですが、決してそんなことはないですよ。
軍門に下ったとか、買収されたとか、そんなことはぜんぜんありません。

 

創業社長の福田さんから引き継いだ北川社長は『私では業界の変化に対応できない。元気なうちに次の経営者に会社の経営を任せたほうがいい』と決断した。非常に賢明な決断だった」と話す。

 

Johnbull(ジョンブル)という会社は社長が変わっても変わらず続くし、変わることろは変わっていくし、これからもカッコいいメンズ服を作ってくれます。
実際、2019年秋冬のアウター、めちゃくちゃカッコいいですしね!

 

Johnbull(ジョンブル)メンズN-3Bジャケット
メンズ Johnbull(ジョンブル) N-3Bアウター

 

 

岡山児島、東京原宿、そして世界へ羽ばたくJohnbull(ジョンブル)をこれらも応援していきます。

みなさま、今後ともJohnbull(ジョンブル)、ならびにSPU スプを末長くよろしくおねがいしますm(_ _)m

そして、北川社長、おつかれさまでした!

 

ではまた!

 

Johnbull(ジョンブル)アウター特集
Johnbull(ジョンブル)メンズアウター特集