この秋おすすめトレンドジャケット
 秋の着こなしでポイントになるジャケット。ジャケットは着こなしの幅を広げてくれると共に種類も豊富で何を着れば良いのか迷ってしまいます。そこで今回、SPUがオススメする5つのジャケットからその選び方をご紹介します。
このページで
紹介しているアイテム

万能な着こなし力を持つライダース
 万能な着こなし力を持つライダースジャケット。暖かい日にはカットソーと合わせるだけで、簡単にコーディネートが完成します。肌寒さを感じるようになってきたらパーカやニットの上から羽織ることができるので、秋、冬、春とロングシーズン使えるのも魅力のアイテムです。

 生地は本革などの高級志向のものから、扱いやすいPU素材まで。革の素材感を楽しみたい方は本革を選ぶのをオススメします。使い込むことで自分の身体に馴染み、革の風合いも時間の経過とともに変化してくので、愛着が沸いてくるところも本革が人気の秘訣です。

ハイグレード ラムレザー シングル ライダースジャケット39,960
 ビギナーの方や革製品の扱いが苦手な方にはPUレザー素材のものがオススメです。何と言っても『手入れが楽』というところがポイントです。本革では値段が高いが故に安易には扱えません。雨の日やシミなどの生地汚れに対して神経質になりたくないという方には、PUレザーという選択肢はオススメです。

PUレザーシングルライダースジャケット5,292
 またPUレザーと言っても、一昔前と違い、革独特の匂いなどを確かめなければプロの目でも見た目だけでは見分けが付かないほどまでに技術が進んでおり、一概に本革が絶対的に優れているという時代ではなくなっているのです。PUレザーなら雨粒もさっと払うだけ。もし汚れてしまっても諦めがつけやすいというところも安価なPU素材のメリットでもあると言えます。

《ライダース選びのポイント》  革の経年変化を楽しみたいという方は本革。新品のようなキレイな状態を保ちたいという方はPUレザーと、革、PUレザーのそれぞれの良さで選ぶと自分に合った1着が見つかるはずです。
ライダース一覧
PUレザーシングルライダースジャケット5,292
Tetratex(テトラテックス) スエードテトラテックスシングルライダースジャケット43,200
ハイグレード ラムレザー シングル ライダースジャケット39,960

すべてのライダースジャケットを見る
カットソーと合わせるだけでお洒落なMA-1
 MA-1ジャケットは近年の流行と共にトレンド感のあるジャケットの一つです。こなしは簡単でカットソーの上にさっと羽織るだけ。難しい着こなしを考えずとも今っぽいお洒落な着こなしを演出してくれる魅力のあるアイテム。アクセントでロング丈のカットソーを合わせたりと個性を出せるものポイントです。

 MA-1は今シーズンも引き続き抑えておきたいアイテム。ぜひ、一着は持っておきたいアイテムです。

《MA-1を着こなすポイント》  MA-1のボトムスの合わせは細身のもので合わせておけば、デニムからカラーパンツまで対応できます。ジャケットの着こなしの中でも扱いやすいのがMA-1の良いところです。
MA-1一覧
SOYOUS/ハイブリッドMA-13,996
SPU/TRストレッチスリムMA-1ジャケット5,292

すべてのMA-1ジャケットを見る
都会的な雰囲気を匂わせるコーチジャケット
 適度なストリート感を持ち、都会的な雰囲気を匂わせるコーチジャケット。こちらも今のトレンドに合ったオススメのジャケットです。MA-1同様にカットソーと合わせるだけで簡単にお洒落な着こなしを作ってくれます。カットソー以外にもスウェットやパーカーを合わせたり、着こなしの幅も持ったジャケット。

 また着こなしのポイントとしてはボトムスに何を持ってくるかも重要に。ボトムスを変えるだけで表情が変わり、トップスが同じでも印象をガラリと変えてくれます。 ストリートっぽくコーデをまとめるなら細身のパンツを合わせて。

 また細身のアイテムだけでなく、スラックスで合わせれば上品めのコーデにも。  ボトムス使いで幅広い着こなしをお洒落を楽しめます。

《コーチジャケット選びの注意》  ストリートに着るのか、大人っぽく上品に着るのかによってジャケット自体のシルエット選びが変わります。よりカジュアルに着るならオーバーサイズめのもの、キレイめに着るなら少し細めのものを選ぶのがコツです。
コーチジャケット一覧
ハイブリッドストレッチコーチジャケット3,996
日本製ギャバジンストレッチコーチステンカラージャケット14,904
TRツイル コーチシャツジャケット12,960

すべてのコーチジャケットを見る
前閉じコーデで決まるマウンテンパーカ
 カジュアルジャケットの定番とも言えるマウンテンパーカ。ここまで紹介してきたジャケットとは異なるところは前閉じで着ても絵になるところ。

 またロードバイクでの通勤通学をする人には首元を覆ってくれるマウンテンパーカは風から首元への侵入を防ぎ、寒さを軽減してくれます。フードも付いているため降り始めの小雨程度であれば凌ぐことができます。

 お洒落というだけでなく、実用面でも活躍してくれるマウンテンパーカは風の強い日や普段より少し寒さを感じる日には前閉じで着てもコーディネートが様になります。前閉じコーデができるので、細身のパンツと合わせるだけで、インナーを気にせず簡単に着こなしができます。

《マウンテンパーカ着こなしのポイント》  基本的に前閉じで着ていればインナーを気にしなくても良いので、ビギナー向けのジャケットと言えるかもしれません。ですが、もしこなれ感やよりお洒落に見せるなら少し長めのインナーで裾を見せることで着こなしにアクセントをつけてみましょう。ちょっとしたことですが、コーディネートの印象は大きく変わるはずです。



マウンテンパーカ一覧
Buyer's Select /撥水加工ストレッチシティマウンテンパーカージャケット8,532
SPU/カツラギストレッチマウンテンフードジャケット6,372

すべてのマウンテンパーカーを見る
1着は必ず持っておきたいテーラード
 テーラードジャケットは言わずと知れた定番中の定番ジャケット。

《普段使いでカジュアルに着るなら》
 普段のお洒落としてカジュアルめに着るならフロントボタンが1つのものを選んだり、生地使いに遊びを利かせたアイテムを選ぶことで、こなれ感を演出してくれます。

《デートで着るなら》
 デートや少しプライスが高めのディナーなどでしっかりお洒落に決めて行きたいシーンにはセットアップで着られるものを選ぶことも一つのポイント。  自分でそれぞれ選んだジャケットとボトムスだとサイジングが合わないなんてこともよくある失敗です。そんな心配もセットアップで使えるアイテムを選ぶのも賢い方法の一つです。

 定番アイテムだからこそ、外せないテーラードジャケット。1着は必ず持っておきたいキレイめコーデの必須アイテムです。

《テーラード選びのポイント》  テーラードは1着はセットアップで持っておくことをオススメします。普段はジャケットとボトムスを別々で使えるので、せっかく買ったのに使わず終いということはないはず。結婚式の2次会やデート、食事の席などのシーンでも使えるので、セットアップで持っておくとジャケットコーデを最大限楽しむことができます。
テーラード一覧
VIBGYOR×SPU/ピケストレッチテーラード19,440
SPU/TRストレッチテーラードジャケット3,996
Upscape Audience/日本製ギャバジンストレッチ2Bテーラードジャケット13,824
VIBGYOR×SPU/日本製テーラードジャケット15,120

すべてのテーラードジャケットを見る
ステンカラーコート(番外編)
 番外編では、ステンカラーコートをご紹介。ジャケットと同様に秋の着こなしの幅を広げてくれるコート。その中でも扱いやすくお洒落を演出できるアイテムです。ロング丈はインナーの裾周りからの寒気の侵入を防いでくれるので、暖かく。またボトムスも細身のものを合わせることでバランスの取れたシルエットで着こなしをお洒落に演出してくれます。
フード脱着ストレッチツイルステンカラーコート8,532
TRストレッチステンカラーコート7,452
ダブルクロス2WAYストレッチフード脱着ステンカラーコート28,080
日本製コーマウェザールーズフィットコーチステンカラーコート15,984
日本製リップストップ撥水ステンカラーコート15,984

すべてのステンカラーコートを見る
最後に
 SPUでは紹介したアイテム以外にもたくさんのジャケットをご用意しています。ぜひ自分に合った一着を探してみてください。
すべてのジャケットを見る

閉じる ×