REMOTE
WORK
STYLING

テレワークの新常識「デジカジ」
でスイッチON

  テレワーク(在宅勤務)が一躍脚光を浴びるなかで、
デジタル画面でもキチンと見えるカジュアルウェア
という意味の「デジカジ」というワードも注目されてきています。
テレワークだと実はweb会議など人目にさらされる機会も多く、
ビジネスである以上は適度にキチンと見える着こなしが必要。
だからと言ってネクタイを締めてスーツを着るほどではない…。
意外と難しいデジカジの着こなし術と最適なアイテムをご紹介します。

01

服の力でスイッチを
ONに切り替える

- How to wear remote work styling -

02

スタッフのデジカジ
スタイル見本帳

- remote work styling -

STYLING 01

COORDINATED ITEMS

GOOD POINT

ふわっと清涼な生地感の綿麻シャツなら、さっと羽織れてキチンと見える。


やはり襟付きのトップスは、着るだけでキチンとした印象になるので、デジカジにはちょうど良いアイテムです。
ただ、スーツに合わせるようなシャツだとあまりに堅苦しすぎる…
そんな時は、ふわっと軽い着心地の綿麻素材ならシャツの持つ知的な印象はそのままに、肩ひじ張らないバランスの良い着こなしに仕上がります。

STYLING 02

COORDINATED ITEMS

GOOD POINT

「CARREMAN社」の上質ポンチ素材で、リラックスしつつもビジネスライクに


フランスの生地メーカー「CARREMAN社」の上質なポンチ素材を使用したセットアップなら、ハリのあるしっかりした見た目とは裏腹に、肌触りが良く伸縮性に優れているので長時間のデスクワークでも安心。
「わざわざ在宅勤務でセットアップを着なくても…」と思うかもしれませんが、上下の着こなしを考える手間を考えれば手軽に好印象に仕上がるセットアップが実はかなり便利なのです。

STYLING 03

COORDINATED ITEMS

GOOD POINT

テーラードジャケットがカット地なら、ビジネスでもカジュアルでも「ちょうどいい」


ミラノリブ編みという、しっかりとした生地感で仕立てられたテーラードジャケットは、ラフに着られて型崩れしない優れもの。 web会議などでキチンと感を出したい時に羽織れば、ピシッとした印象がすぐに作れます。

STYLING 04

COORDINATED ITEMS

GOOD POINT

ソフトな肌触りとクリーンな見た目を両立したカーディガンで、センスのある着こなしを。


ゆったりとしたシルエットと、ソフトで丈夫な天竺素材を使用したカーディガンは、普段の着こなしに羽織るだけでセンスを感じさせる大人な着こなしに。 カーディガンはこれからの季節、冷房対策にも活躍してくれます。

STYLING 05

COORDINATED ITEMS

GOOD POINT

穿き心地が快適でシワになりにくいスラックスなら、着こなしがキレイにまとまる。


見た目はドレッシーながらも、ストレッチ性があり、シワになりにくいTRギャバジン素材を使用したスラックスなら、一日中穿いていても快適。 ウエスト部分もゴムになっているので、イージーパンツのように穿きこなすことができます。

STYLING 06

COORDINATED ITEMS

GOOD POINT

爽やかな着心地の鹿の子素材カーディガンで、オンもオフも快適に。


生地表面に立体的な凹凸が生まれる鹿の子素材を使用したカーディガンは、通気性が良く、サラッと軽い着心地が特長のアイテムです。 テレワーク時ももちろんのこと、オフの日も気軽に使える点が嬉しいポイントです。

03

スタッフのお気に入り
デジカジウェア

-staff fovorites items-

04

テレワークに
最適なアイテム

-recommended it items-

TAILORED JACKET

急なテレビ会議でもテーラードさえあれば大丈夫。

CARDIGAN

さらっと羽織るだけで、着こなしがまとまる。整う。

SHIRT

程よくカチっとしたシャツで仕事スイッチもカチっとオンに

BOTTOMS

仕事モードでも、楽な穿き心地のパンツがいい

TOP